Wednesday, March 23, 2011

終わりのある旅

------------------------------------------------------------------------------------
人生は終わりのない旅のようだ、とはよく言う。

僕自身、そう思うこともある。
だけど、人生は終わりのある旅だと思うことが大事なんじゃないかと思う。

人生だけではない。
終わりがあることを知ったとき、ものごとの輝きが急に増すことがある。
終わりがあることを知ったとき、時間が進むのを貴重に感じるようになる。

終わりがないような平坦な毎日を過ごすなかで、その終わりを発見したとき、人は自分の中に何かを見つけることができる。

自分を包む時間の全てに終わりを感じること、それで明日はきっと変わる。



あとどれぐらいであなたの何が終わってしまいますか?
 

5 comments:

Anonymous said...

やっぱり慣れちゃ駄目なんだなって、そう思わされました。
生きる事には、慣れちゃいけないですね。

松本恭攝 said...
This comment has been removed by the author.
yasukane said...

死を意識して、生きたい、とつくづく思う。
死にそうな経験をしないと難しいけど、意識はいつももってたいね。

Leolio said...

>Anonymous(名無し)さん

そうですね。
慣れちゃうともったいないですよね、日々刻々と過ぎていく貴重な時間が。


>やすかね

同感。
地震でますますそう思ったよ。
一日一日を、はじまりの日であり、最後の日であるかのように生きたいね。

小綠的秘室 said...

nice idea, thanks for sharing...