Sunday, December 07, 2008

HOLES, デザイン魂

------------------------------------------------------------------------------------
   

HOLES <LOUIS SACHAR>

ベストセラー小説でAmazonのレビュアーの評価も高かったので買って読んでみた。
まず主人公の少年の名前が"Stanley Yelnats"という回文で何やら面白そうな雰囲気あり。
基本的には大人向けの小説ではないのだが、いろいろなエピソードが最後に収束する系の作品で細かい描写を読めると面白い。ただ、僕はアメリカ人?との感性の違いがあるのか、そこまで(ベストセラーになるまで)の作品か?というのが正直な感想。もしくは、僕の reading のレベルが小説を楽しむまでに達していないか。ニュースが読めても、微妙な表情を楽しむ小説となるとなかなか難しい。最近忙しさにかまけてオフィスの外ではめっきり英語の勉強をしなくなった。1日1hぐらいは捻出したいところ…

トム・ピーターズのマニフェスト(1) デザイン魂 <TOM PETERS>

ぐちゃぐちゃなレイアウトと書き殴りの文章、でもこの本には圧倒的なパワーとスピード感がある。25時帰りで目肩腰が痛い日でも帰りの電車で寝ずに開けるこの本を書いたトム・ピーターズは凄い。このパッションを超えなければだめだ。他の誰が何と言おうとも僕はこの本のような考え方に共感するし、そうじゃないとたぶん仕事も一生つまらない。トム・ピーターズの本は今までそんなに読んでなかったけれど、今の僕には大事な触媒になりそうだ。
新品がもうAmazonでも手に入らないという状況…普段使わないマーケットプレイスで無理矢理買った甲斐がありました。
ちなみに所謂デザインの本ではないです。このデザイン魂の"デザイン"はもっといろんなものを含んでます。
Dreams!Dreams!Dreams!
 

2 comments:

ペイの人 said...

最近英語勉強してるからホールズ気になってたんだけど。
むしろ次買おうかなって思ってたし。
微妙なのか。。
時間ないからTOEICに絞って勉強しようかな。

Leolio said...

まぁつまらなくはないよ、たぶん。東野圭吾を普通に日本語で読むようなレベルの面白さはないっていう感想w
英語はけっこう易しめだから勉強にはちょうどいいかも!TOEICみたいな非実用的な試験勉強するよりはよっぽど◎